2012/3/21 清水研作 作曲 レクイエム・フォー・フクシマ 世界初演 in Konstanz

2012/3/21 Requiem for Fukushima          Southwest German Philharmonic Orchestra of Constance         南西ドイツフィルハーモニー交響楽団定期演奏会

 

 

今、南西ドイツフィルハーモニー交響楽団からの委嘱作品、レクイエムを作曲中です。作品はオーケストラと合唱、 そしてソプラノとメゾソプラノのソリストから成る、かなり大規模な編成のものになる予定です。

 

作品にちょうど取りかかろうとしていた矢先に、今回の東日本大震災が起こってしまい、この作品を「Requiem for Fukushima」とし、私なりに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、今も原発事故の影響で苦しんで いる人々のために何かできないものかと考えました。この作品が、少なくとも聴衆ひとりひとりに、このような ことが起きる可能性があることを考えるきっかけになるような作品にしたいと思っています。 来年2012年の3月、コンスタンツ市で初演をむかえます。

 

海外の人々にとって、被災地として最も知名度の高い場所がFukushimaなので、海外での演奏をふまえ、このような 題名にしました。まだ震災は決して過去のものとなっていない以上、死者のために「安息を」と願うだけでは訴える 力に欠けるでしょう。複雑は思いが作品には反映されなくてはならなりません。この作品に対する思い、創作過程など、 随時情報を発信していきたいと考えています。

 

 

I am in the process of composing a “Requiem”, commissioned by the SouthWest German Philharmonic Orchestra of Constance. The work, entitled “Requiem for Fukushima” will consist of the orchestra, chorus, and 2 soloists.

 

Just as I started composing the work, the horrible earthquake hit the Northeastern region of Japan in the most devastating way. I have come to realize that I compose the requiem, not only to pray for the repose of the soul of those, who lost their lives in the earthquake and tsunami, but also for those who are still suffering from the cause of the nuclear reactors. I also sincerely hope that it will be an opportunity for all the listeners to think about what happened in Japan and it could happen to anyone and in any places in the world.

 

Since the disaster is hardly the incident the past, the requiem will signify the very complex emotion that lies in the foundation of the work. The premiere will be taken place in Constance, Germany in the March of 2012. I will try to inform the readers some information as it unfolds.

Copyright © 2010 - Fullscreen Template - by Luca Martincigh