CONTACT LINKS EVENTS WORKS ESSAY PROFILE NEWS

Click to view the English Version

 

清水研作(作曲家・新潟大学教育学部教授)

 

アメリカ、ボストンのニューイングランド音楽院音楽理論科、同音楽院大学院作曲科卒業後、ハーバード大学大学院博士課程作曲科に特待生として入学、Teaching Fellowとして作曲と音楽理論のクラスで教鞭を取る。後にハーバード大学より博士号取得。数々の作曲賞を受賞したほか、1990年にはヴィエニャフスキ国際作曲コンクールにおいて満場一致の優勝(2位なし)を果たす。

作品は日本及び海外で演奏され、ボストン交響楽団元首席フルート奏者ドリオ・ドワイヤー女史、オルガン奏者林祐子女史、ボストン交響楽団トランペット奏者、及び同交響楽団専属ピアニストなどからの委嘱作品を手がける。93年ドワイヤー女史来日の際には日本各地で作品が演奏された。また(財)数理科学振興会(理事長:広中平祐氏)からの委嘱作品が北海道で初演、CD録音される。95年、4人の箏奏者によるカルテット「Vortex」を始め、オルガン、フルートと箏などの委嘱作品が次々と初演される。96年には「サントリーホール10周年記念フェスティバル公演・ 特別企画―オルガン歴史紀行」にて、オルガン作品がサントリー大ホールにて演奏された。98年木管4重奏曲が東京で、また99年にはアルトサクソフォンとピアノのための作品がベルリンで委嘱初演された。2000年にはフランスTalloires International Composer's Conferenceに招待作曲家として参加。2001年にはフランスToulouse現代音楽祭に招聘された。2002年東京で作品展を催し、パリを中心に活躍するDiotima弦楽四重奏団により弦楽四重奏曲が日本初演され、パリ管弦楽団副コンサートマスター千々岩英一氏によりヴァイオリンソロ「異なる時空I」が世界初演された。同年ソリストとして活躍するフルート奏者ジャック・ゾーンのために作曲した「異なる時空II」が同氏により初演、2004年音楽之友社より出版された。2004年12月、2台ピアノのための「プリズム」、フルート、ヴァイオリン、チェロのための「風に順いて呼ぶ」が初演された。2006年には、フィラデルフィア管弦楽団首席ピッコロ奏者時任和夫氏により独奏ピッコロのための「星々の記憶へI」が初演され、ピアニスト鈴木賢太氏からの委嘱作品、ピアノのための「星々の記憶へII」が続けて初演された。2007年9月、アメリカ、ニュージャージー大学に招聘され、「星々の記憶へI」がアメリカ初演。Composer’s Forumにおいて自作についての講演を行う。2009年6月、キエフにおいてオーケストラのための「変容」がキエフ国立フィルハーモニー交響楽団によって、またフルートとピアノのための「アルカディアの森で」が7月東京で初演された。

2001年より、第四銀行主催のコンサートシリーズ「What's Music?-清水研作と仲間たち」ではディレクターとして活躍。上質な音楽を提供し続けている。第4回目ではEnsemble Ncubeを立ち上げ、演奏家の強い個性がぶつかりあうことによって、立方体が組み合わされて、新たな3次元空間を生み出すような芸術表現をめざしている。

コンピュータ音楽にも力を入れており、94年薩摩琵琶古曲研究会による委嘱作品、モノオペラ「銀杏散りやまず」(原作・辻邦生、舞台美術・磯崎新、演出・木戸敏郎)の作曲を担当。コンピュータ音楽の最新技術を駆使し、楽器とのインタラクティブな作曲を試み、好評を博す。96年夏にはフランス国立音響・音楽の探求と調整の研究所(IRCAM)に招聘されコンピュータ音楽の研鑽を積む。98年選出されたメンバーとして再びIRCAMでの講習会(Stage Program)に参加。2004年音空間創造プロジェクトを立ち上げ、コンピュータを用いた新たな表現方法を追求している。

作曲をロバート・コーガン、バーナード・ランズ、アール・キム、ドナルド・マルティノ、湯浅譲二の各氏に師事。

現在、新潟大学教授。中国黒竜江省チチハル大学芸術学院客員教授。日本音楽著作権協会、日本現代音楽協会、IRCAM Forum会員。

 

MAIL