CONTACT LINKS EVENTS WORKS ESSAY PROFILE NEWS


2012/3/21 清水研作 作曲 レクイエム・フォー・フクシマ 世界初演 in Konstanz

ポスター

 

■日時:2012年3月21日 20時開演
■会場:コンスタンツ公会議場(Konzil Konstanz)
■コンサート・プログラム
 清水研作:レクイエム・フォー・フクシマ
  *南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団
   委嘱作品 世界初演
 ブラームス:交響曲第 3 番へ長調 Op.90


 指揮:ヴァシリス・クリストプロス
 ソプラノ:マリソル・モンタルヴォ
 メゾ・ソプラノ:アニャ・シュロッサー
 スピーカー:クリストフ・ニックス
 管弦楽:南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団
 合唱:コンスタンツ・バッハ合唱団

ポスター

 

■レクイエム・フォー・フクシマ

当初は、「アトミック・ボンバーのためのレクイエム」を構想していたのであるが、その最中、2011年3月11日、東日本大地震が起こった。死者 行方不明者のうち、行方不明者が占める割合は18%台に達し、なす術もなく自然の脅威にさらされた災害の凄まじさを物語って余ある。そ して、福島第一原子力発電所の事故が明らかとなった。主要な被災地のひとつである福島県は、地震の被害と放射線の恐怖に加え、被災 者でありながら、日本国内で差別されるという、表現のしようもない悲劇的な状況に追い込まれたのである。わたしは、熟慮の末、その「レク イエム」を、福島のために捧げようと決断した。67年前に起こった広島と長崎の原子力の地獄が、形を変えて再び日本へ現れた輪廻を、わ たしの作品もまた踏襲していることに慄然たる想いを抱きながら。 日本人が福島と聴いて思い浮かべる「母なる田舎」の印象は、人間の手が編み出した原子力という得体の知れない怪物の影に脅かされ、 ただただ打ちひしがれている。もとより復興が終わった訳ではなく、避難を余儀なくされている人が多数に上る被災中である。わたしは、「レ クイエム」のテクストに、固有ラテン語典礼文の中でも、最も黙示録的であり、激越な慟哭を含む「ディエス・イレ」を選んだ。 福島は、まだ希望の道にはない。それは、わたしに取って、悲痛な叫びに充ちた呪詛の大地なのだ。 (清水研作)

 

 

 

 
 




2012/3/21, 30 Requiem for Fukushima
 Southwest German Philharmonic Orchestra of Constance
                          南西ドイツフィルハーモニー交響楽団定期演奏会

今、南西ドイツフィルハーモニー交響楽団からの委嘱作品、レクイエムを作曲中です。作品はオーケストラと合唱、そしてソプラノとメゾソプラノのソリストから成る、かなり大規模な編成のものになる予定です。

作品にちょうど取りかかろうとしていた矢先に、今回の東日本大震災が起こってしまい、この作品を「Requiem for Fukushima」とし、私なりに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、今も原発事故の影響で苦しんでいる人々のために何かできないものかと考えました。この作品が、少なくとも聴衆ひとりひとりに、このようなことが起きる可能性があることを考えるきっかけになるような作品にしたいと思っています。来年2012年の3月、コンスタンツ市で初演をむかえます。

海外の人々にとって、被災地として最も知名度の高い場所がFukushimaなので、海外での演奏をふまえ、このような題名にしました。まだ震災は決して過去のものとなっていない以上、死者のために「安息を」と願うだけでは訴える力に欠けるでしょう。複雑は思いが作品には反映されなくてはならなりません。この作品に対する思い、創作過程など、随時情報を発信していきたいと考えています。


I am in the process of composing a "Requiem", commissioned by the SouthWest German Philharmonic Orchestra of Constance. The work, entitled "Requiem for Fukushima" will consist of the orchestra, chorus, and 2 soloists.

Just as I started composing the work, the horrible earthquake hit the Northeastern region of Japan in the most devastating way. I have come to realize that I compose the requiem, not only to pray for the repose of the soul of those, who lost their lives in the earthquake and tsunami, but also for those who are still suffering from the cause of the nuclear reactors. I also sincerely hope that it will be an opportunity for all the listeners to think about what happened in Japan and it could happen to anyone and in any places in the world.

Since the disaster is hardly the incident the past, the requiem will signify the very complex emotion that lies in the foundation of the work. The premiere will be taken place in Constance, Germany in the March of 2012. I will try to inform the readers some information as it unfolds.

← 南西ドイツフィルハーモニー交響楽団 2012 コンサートカレンダー
  (下から4段目に掲載されています。)

 



2012 シリーズ券プログラム (左から2,4列目中段に掲載されています。)
 
2012.3.21 演奏会予定 2012.3.30 演奏会予定




2011/8/20 第15回 日本フルートコンヴェンション in 滋賀

Contemporary Music Concert

8月20日 19:00〜
清水研作 アルガティアの森で
フルート 清水理恵 
ピアノ  石橋尚子 

日本フルートコンヴェンション in 滋賀

 
 




2011/6/4, 6 復興支援プロジェクト 2011

6月4日、6日に、復興支援プロジェクト 2011として、時任和夫マスタークラス&ミニコンサート(東京)、コンサート時任和夫 & FRIENDS (大阪)を開催いたします。

出演者の賛同を得まして、収益の一部を、日本赤十字社を通して義援金として被災者の皆様にお送りします。
 


 




 

2010/5, 6, 8, 15 ノエ・乾 ヴァイオリン リサイタル

CD発売記念コンサート CD発売記念コンサート


以下のコンサートシリーズで、清水研作編曲のピースが演奏されます。

■10月5日(火)13:30開演 宗次ホール
 スイーツタイムコンサート Vol.30
 「ノエ・乾 ヴァイオリン コンサート]

 ヴァイオリン:ノエ・乾 ピアノ:五島史誉

 マスネ:タイスの瞑想曲
 ドヴォルザーク:ユモレスク
 中田喜直(清水研作編):「夏の思い出」幻想曲
 岡野貞一(清水研作編):「ふるさと」変奏曲
 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第28番 ホ短調 K.304
 サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン     

■10月6日(水)19:00開演 會津風雅堂
 ノエ・乾 ヴァイオリン・リサイタル

 ヴァイオリン:ノエ・乾 ピアノ:パク・スミジャ

 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304
 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 Op.24 「春」
 イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第1番
 マスネ:タイスの瞑想曲
 ドヴォルザーク:ユモレスク
 中田喜直(清水研作編):「夏の思い出」幻想曲
 サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン     

■10月8日(金)19:00開演 福島県文化センター
 ノエ・乾 ヴァイオリン・リサイタル

 ヴァイオリン:ノエ・乾 ピアノ:パク・スミジャ

 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304
 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 Op.24 「春」
 イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第1番
 マスネ:タイスの瞑想曲
 ドヴォルザーク:ユモレスク
 中田喜直(清水研作編):「夏の思い出」幻想曲
 サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン     

■ 10月15日(金)19:00開演 須賀川文化センター
 ノエ・乾 ヴァイオリン・リサイタル

 ヴァイオリン:ノエ・乾 ピアノ:パク・スミジャ
 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304
 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 Op.24 「春」
 イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第1番
 マスネ:タイスの瞑想曲
 ドヴォルザーク:ユモレスク
 中田喜直(清水研作編):「夏の思い出」幻想曲
 サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

 




 

2010/9/14 CD発売記念コンサート

 

CD発売記念コンサート

 

9/14(火)パウエル・フルート・ジャパン アーティスト・サロン「ドルチェ」において、CD発売記念コンサートを開催いたします。当日は特別ゲストとしてアメリカより時任和夫氏をお迎えし、CD録音に参加した全演奏者が勢揃いします。当日のプログラムは、両CDの収録曲からピックアップされたプログラムということで、アルバムの全貌を生演奏でお聴きいただくまたとないチャンスとなります。この機会に「海I」「海II」のスリリングなアンサンブル、時任氏の超絶技巧とその音楽表現、各演奏者の渾身の独奏等など、会場の空気のバイブレーションとそこに生まれてくる音世界を、直接ご自身の”皮膚感覚”でご堪能ください。(なかなか聴く機会の少ないアルトフルートの生音や、特殊な演奏技法も、当日の聴きものの一つになろうかと思います。)

*なお当日は昼/夜の2回公演となりますので、ご都合のよろしい時間帯をお選びいただけます。

■日 時:2010年9月14日(火) 15:00〜 19:00〜

■曲 目:清水研作/フルート2本とピアノのための「海I」
     清水研作/アルトフルートのための「MAI」
     G.Ph.テレマン/ソナタ ヘ短調
     清水研作/フルート2本とピアノのための「海II」
     清水研作/独奏フルートのための「異なる時空II」
     ライヒャ/ソナタ ニ長調 作品103

■出演者:時任和夫(picc)清水信貴(fl)清水理恵(fl) 藤田雅(pf)
     鈴木賢太(pf)清水研作(作曲家)

■会 場:パウエル・フルート・ジャパン アーティスト・サロン「ドルチェ」
       東京都新宿区西新宿1-13-12 西新宿昭和ビル8F
       03-5339-8383
       http://www.powell-japan.com/

■チケット:一般3,000円 会員2,500円

*チケットのお求めは、Veritas Musicのサイトからご予約いただけます。

 




 

2010/9/12 時任和夫(ピッコロ)、清水研作(作曲)、清水理恵(フルート) ミニライブ&サイン会

来る9/12 15:00より、渋谷のタワーレコードでミニライブ&サイン会を行いますので、近くへお越しの方、ぜひインストアイベントにお立ち寄りください。

■開催日時:2010年09月12日 (日) 15:00

■場  所:渋谷店

■観覧自由:CDをお買い上げ頂いたお客様に、先着でサイン会参加券をお渡しいたします。イベント当日、参加券と品物をお持ち頂いたお客様にサインをさしあげます。

タワーレコード インストアイベント

 




 

2009/6/5 Transmutation for Orchestra 初演

 

キエフ

      

去る6/5,キエフ国立フィルハーモニーホールにおいて、キエフ国立フィルハーモニー交響楽団(指揮 シズオ・Z・クワハラ)によって"Transmutation for Orchestra"が初演されました。

"Transmutation for Orchestra"については、連載中のエッセイの中で一文をしたためました。ぜひご一読ください。

エッセイ

 

 

 

 




 

2008/6/28 フルート・ワンダーランド

 

Flute Wonderland

     

当日”2本のフルートとピアノのための「海II」(清水研作)”が演奏されました。

 

■日時:2008年6月28日(土)7:00PM(開場 6:30PM)
■会場:パウエル・フルート・ジャパン 
     アーティスト・サロン(東京・新宿)
■チケット:一般3,000円  会員2,500円 
■出演:フルート:高野成之、清水 理恵  ピアノ: 藤田雅
■お問合せ:パウエル・フルート・ジャパン

TEL 03-5339-8383
E-mail:flute@powell-japan.com

MAP

   

 




 

2008/2/10 近現代ピアノ音楽の世界

 

      

当日のコンサートで「星々の記憶へ II(清水研作 2006)」が演奏されました。

 

■日時:2008年2月10日(日)14:00PM(開場 13:30PM)
■会場:だいしホール(新潟・第四銀行本店内)
■入場無料 
■出演:ピアノ 鈴木賢太
■お問合せ:025-262-7041(新潟大学鈴木研究室) 090-2240-0588(鈴木)

      E-mail:kenta@ed.niigata-u.ac.jp

 



 

2007/11/3〜16 湯浅譲二展

 

 

 

■日時:2007年11月3日(土)〜12月16日(日)
    毎週月曜日休館(但し、月曜日が祝日の場合はその翌日)
    9:30〜17:00(展示室への入場は16:30まで)
■会場:郡山市立美術館
■観覧料:一般800円
■お問合せ:郡山市立美術館
      TEL 024-956-2200
      E-mail : bijutsukan@city.koriyama.fukushima.jp

 

2007年11月3日から12月16日まで、郡山市美術館で「湯浅譲二展」が開かれている。日本でも世界でも優秀な作曲家はたくさんいる。だが、私が最も敬愛する作曲家は湯浅譲二だ。特異な生活環境や地域性、民族性に共鳴する音楽を書くのではなく、もっと根源的で、且つ包括的な意味で人々の魂に訴えかける作品を書き続けている。常に前衛作曲家であり続け、今まで聴いたこともない「未聴感」にこだわりを持ち続ける偉大な作曲家、それが湯浅譲二だ。私の個人的な師でもある。今回、1966~67年に制作された「ホワイトノイズのためのイコン」という電子音楽の作品を聴くスペースの展示に関わった。是非、郡山市美術館に足を運んでほしい。

 
 

 


 

2007/9/14 高野成之&清水理恵 フルート・ワンダーランド vol.2

 

 

■日時:2007年9月14日(金)7:00PM(開場 6:30PM)
■会場:パウエル・フルート・ジャパン 
     アーティスト・サロン(東京・新宿)
■チケット:一般3,000円  会員2,500円 
■出演:フルート:高野成之、清水 理恵  ピアノ: 藤田雅
■お問合せ:パウエル・フルート・ジャパン
      TEL 03-5339-8383
      E-mail flute@powell-japan.com

 

 

MAIL